ドミニオン
もうすぐ夏らしい。テレビの中で可愛らしい女性がそう言っておりました。

また少し広がった額の汗を拭いながら、本当に女性は嘘が上手いなぁと朝の仙台坂をのぼります。すると坂道が少し緩やかになった場所にある日陰の腰掛けエリアで小学生低学年ぐらいの男の子と、私より少しだけお年を召した父親らしき男性を見かけました。

とても楽しそうに笑う男性はスマホを片手に持ち、隣に座り同じ顔をして笑う男の子も父親と同じサイズのスマホを両手で持っておりました。

そんな楽しそうな親子なのにお互いに目を合わせようとせず、それぞれが自分のスマホ画面に夢中でした。あの親子はスマホの画面を通じて、心を通じ合わせているのでしょう。何ら不思議なことは無い。私が生まれてからも世の中はポケベル、PHS、パカパカ携帯、スマホへとコミュニケーションのあり方を変えてきたし、それに対して私自身何も疑問を感じませんでしたし。

私の妻も家にいるときは常に、片手には耳かき、残りの手にはアイフォンプラスを持って生活をしております。それはそれは上手に頭で扉の開閉もこなしますし、多分服も着替えられていると思います。

そんな日常を見たり思い出したりしながらふと思うのです。

妻の顔に増えたシワの数ぐらいは毎年メモでも取ろうかなと。誰に教えるわけでもなく、本人にも知られずに、教えずに。

今日はドミニオンを遊ぼうと思います。そして妻の顔をしっかり見ながら、何を企み、何をしようとしているのかを少しだけ、そのことだけを考えてみようと思います。

又少しの間、更新頻度が落ちるかもしれません。今週末には菊名のDDT様へ、日曜には浅草ボードゲームフリーマーケットに行きます。

誰かと一緒にボードゲームを遊ぶのが楽しいのは、相手の顔を見る機会が多いからかもしれません。