写真はまだ無い。俺たちの戦いはこれからだ。





世の中で最も怖い病気とは何でしょうか。治療方法がわからない病気、高額な治療費が必要な病気、死亡率が高い病気など沢山ありますが私にとってそれは厨二病、今でも寝る前に疼くことがある様々な恥ずかしい思い出に、死ぬ直前にそれらを思い出してしまったらどうしようかと不安になるあたり私も完治出来てないのではないかと思っております。


さて、やっぱりあるんですよ。ボド二病。

私は私を振り返りながら危険で感染率の高いボド二病のチェックリストを作ることでパンデミックでの医師団のようにこれからまだまだ増え続けるボドゲプレイヤーさんたちの感染を防ぎたいと思うんです。

ん?これはボド二病の症状の1つ、なんでもボドゲで例えてしまうやつーです。

あぁ、私はボド二病ですから良いんですよ。


・ボドゲのブログを書いてみるー

・システムとテーマの矛盾をドヤ顔で語るー

・箱絵でご飯、三杯いけると豪語する

・作者の気持ちになってルールを読むと泣く

・クローズ会の名前で世界滅亡を願うー

・不便であることを自慢するー

・ダイスを振る時に都度ジョジョ立ちをする

・ボドゲを知らない人を可哀想というー

・ドイツ人に生まれる夢を見る

・マルコポーロの旅路でダイスの目を自由に操れるマンで負ける人を馬鹿にする

・ボドゲショップにいる時間より、100均でコンポーネントをまとめるものを吟味する時間の方が長い

・ボドゲを知ってる人を狩ろうとミープル系の雑貨を身につける

・ボドゲを輸入するために関税の勉強を始める

・ボドゲ中にかける音楽でオリコン1位を狙う

・好きな人にボドゲ中に告白する

・下着にミープルを手書きする



書いても書いても出てきてしまう。やはり私はボド二病。きっと皆様にもオンリーボド二病があると思います。上に書いた全てが私の症状ではありません。念のため。


新規プレイヤーに引かれないようにボド二病と向き合って生きたいとおもいます。