テオティワカン
IMG_3694

神保町、紙の街。何故かこの街にカレー屋が多いのは本を読みながらでもカレーなら片手で食べられるからなのか、文字を書きながらでも片手で食べられるからなのか。はたまた全く関係なく文学の神様がカレー好きだからなのか。そんな本当か嘘かわからないことを考えている時、実は私はもう1つのことを考えていました。




トイレに行きたい。




いやいやちょっと待って下さい。ここからボドゲの話にちゃんと繋がりますから。そんなねぇ、トイレに入ったら紙がなくて、読みかけの和訳ルールがカバンにはある状況になるなんてドラマチックでハートフルな話になんてならないですから。


え。なんのボドゲの和訳ルールかですか。それはあれですよ紙だけにテオティワカンですよ。テオティワカンはとても面白いボドゲです。始めて遊ばせて頂いて、圧倒的大差で負けて、悔しくて自分でも買ったボドゲです。詳しいレビューは他の方のブログを確認下さい。


そう。落ち着こう。まだ慌てるような時間じゃ無い。周りを見渡せばきっとあるはず、網棚の上、無し。手洗い場の下、無し。本屋でトイレに行きたくなる現象は青木まりこ現象って言うんですけど、ボドゲショップでトイレに行きたくなる現象はなんて言うんでしょうか。


えぇ、えぇ、現場からは以上です。