ブラッディイン
夫婦でボドゲが出来る環境でも妻がいつでも相手をしてくれるわけではありません。ボドゲを誰かと楽しみたい。キャッキャ、ワイワイやりたいけど時計を見ると夜中の1時でした。妻は寝てます。スプラトゥーンでもやろうかなぁと思いましたがその時のウデマエがSの3でした。これはガチマッチの初戦で負けてA+に落ちたらSまで戻らないと気持ちよく寝れない。下手すると朝までスプラトゥーンをやることになる。私は社会人、それは危険だと思い1人で遊べるボドゲをやることにしました。

何をしようか。ノイシュヴァンシュタイン城は準備がめんどくさい。じゃあブラッディインをやるかとテーブルに広げました。ブラッディインはとても面白く物騒なボドゲです。宿屋に訪れた客をテイ!したり、ヤー!したりするボドゲです。詳しいレビューは他のサイト様を参照ください。

さて、客を招き入れます。誰からテイ!するか真剣に考えます。真剣になればなるほど独り言がでてしまいます。独り言ではテイ!とか濁さずそのままの言葉をつぶやいています。夜中です。妻は寝てます。テイ!とかヤー!とかブツブツつぶやく自分に気づきます。

えぇ、えぇ完全に危ない人です。ふと、ルールブックに目を通すと、このゲームの作者さんがテストプレイに協力をしてくれた妻やお子さんに感謝を述べていらっしゃいました。家族にテイ!とかヤー!するボドゲをテストプレイしてもらった日の食卓はどんな雰囲気だったのかを考えはじめ結局寝不足になってしまいました。