大井埠頭公園
オレンジ通りの交差点を曲がり雷門前のスクランブル交差点の歩道信号が青点滅をはじめたら、いつでだろうが躊躇うことなく走り出すような私でも、このタイミングでボドゲを出すべきか出さないべきかは考えてしまいます。

なんたって今日はBBQ、天気予報は曇りだったくせに三連休最後のプレゼントのつもりか久しぶりの晴天、梅雨も明けたと言わんばかりのカンカン照りでした。

今回のBBQ参加者は全部で9人、そのうち2人は7歳と4歳、後はみんな30を超えています。

BBQの機材はレンタルで揃えました。朝の10時からBBQを始め夕方4時には機材を引き取りに来るらしい。私たちは久しぶりに集まった同世代組、積もる話もあるけれどさすがに多少の時間は余るだろうとニムトとハゲタカの餌食をこっそり持っていっていました。

今回のBBQ、私の役割はレンタル機材の受け取り係、みんなより一足先に広場入りし、機材を引き取りテーブルを確認します。これならばハゲタカなどは遊べる環境だと確信し、ニヤリとしました。

BBQが始まり兎にも角にも肉を焼きます。肉の問屋さんとの付き合いがあるメンバーが極上のタン、カルビ、ハラミ、ホルモンを用意してくれ、お酒も進みます。ある程度みんなのお腹が膨れたのが12時。まだBBQの終わりまで4時間もあります。

私は考えていました。私以外はボドゲ未経験者、なんと言ってボドゲを始めるべきか。

面白いゲームがあるんだよ。それだとなんとなくインパクトにかけるなぁ。ハゲタカって知ってる?いや、知らないだろうなぁ。うーん。と悩んでいたらBBQメンバーが日本酒を飲み始めました。

まだ良いか、時間もあるし次のタイミングを待つかーと私も日本酒を少しいただきました。

そこから暫く時間が経過して、焼きそばを食べ終わりました。時間をみるとお昼の2時。残り2時間です。しかし、私含めたBBQメンバーは暑さにやられ、更に満腹でグロッキー状態。

周りを見渡せば他のBBQグループはみんな後片付けを始めていましたが私たちは夕方4時まではここにいなければならず、昔話も尽きてきて会話も少なくなってきました。

ここでボドゲを出すべきなのか、本当にこのタイミングでボドゲを出すべきなのか。7歳とチャンバラをやりすぎた私は汗だく。しかもすでに足が筋肉痛。こんな中、このクソ暑い日差しの中で本当にボドゲを出すべきなのか。

出しませんでした。

BBQメンバーは私が24歳で1人で東京に出てきた時からの付き合いです。無言に近いその時間も空間も苦痛ではなく、ぬるくなった缶ビールを互いに押し付け合い、タバコをふかし、ただただダラダラ時間を過ごしました。

来年もBBQをすることが決まったので次回は炎天下でハゲタカをやりたいと思います。そこまでしてボドゲをやりたい理由は俺TUEEEをやりたいからです。嘘です。遊びの幅を広げてこれから先もたまにはみんなで集まってバカをやりたいからです。恥ずかしいから死んでもあいつらには言いませんけれど。