スコットランドヤード



世論調査やアンケートより、正確に確実に自分がどんな風に思われているかを知りたければスコットランドヤードでミスターXとして遊ぶことをお勧めします。

その時の刑事役は、いつも一緒に遊んでいる相手なのが条件です。

スコットランドヤードはとても面白いボドゲです。詳しいレビューは他サイト様をご参照ください。

ミスターXの勝利条件は決められたラウンド数、孤独と戦いながら刑事達から逃げれば勝ち。

刑事達の勝利条件はどんな卑怯な手を使ってもミスターXを捕まえれば勝ちです。

本当はどっちが正義なのか私がミスターXだった時の話を書くので冷静に判断して下さい。

ゲーム序盤
みんなワイワイとゲームのボードに書かれている各地を見ながらミスターXである私がどんなところに潜んでいそうか相談し合っています。私は当然一言も喋らず刑事達がいない地域でビクビクとしております。妻刑事が言います。ミスターXって馬鹿だから船とか好きそうじゃない?ミスターXしか乗れないとか強そうなアクション好きだと思うんだよねー。

私はそれを聞いてゲーム中に絶対船を使ってやろうと強く心に誓います。これが既に刑事達の罠でした。

ゲーム中盤
決められたラウンドになるとミスターXはなすすべもなく刑事達に居場所を告白しなければなりません。その情報をもとに一瞬で各地から集まる刑事達。

一気に遠くまで移動できる電車やバスを堂々と使う刑事達に比べ、コソコソとチマチマとタクシーで移動するミスターX、タクシーというチケットを見るたびに先輩刑事が言います。

刑事達が移動の拠点を抑えている今、ビビリなミスターXが1手間違えたら刑事に捕まるリスクを負わないと思うんだよね。ミスターXってビビリだし。

私はそれを聞いても反論も出来ず、言われるがままリスクも取ることが出来ません。そして少しずつ、確実に追い詰められていきながらも船に乗ることは諦めておりません。しつこいことで有名な妻刑事は相変わらず船乗り場と降り場を徹底的にガードしています。

ゲーム終盤
刑事達はタクシーでミスターXを追い詰めてきます。刑事達の移動毎に、ここにいんだろ?おい?とか言われながらもミスターXは何も言えません。この辺りになると私は、どんな悪いことをしてしまったのか反省しておりました。しかし、刑事達は誰も許してくれそうにないぐらい興奮し、多人数で追い詰めてきます。

罪状を持ってこい!何度喉まで出かかったことでしょうか。妻刑事が言います。どうせまだ船にこだわってるだろうからココかココにいる筈だ。そうだよ、そこにいるんだよ。記念に船に乗せてはくれないだろうか。頼む。最後の希望だと言おうと思ったら後輩刑事に捕まりました。

ゲーム終了後、私の逃げた経路を見ながら楽しそうな刑事達、まるで野獣です。

これでもミスターXは犯罪者なのでしょうか!私はただ、私はただボドゲで一人勝ちがしたかっただけなんです!勝った暁にはこのグズ刑事達めがと罵ってやろうと思っただけなんです。

ゲーム中に受けた刑事達の言葉責め全て記事に残すとスペースが足りませんでした。皆さんもミスターXとして遊ぶ時には覚悟をして下さい。覚悟がない人も頑張って下さい。どうか船を使って下さい。