ある日、仕事を終え帰宅すると部屋の中が荒れていました。強盗?いえいえ、我が家では俗に言う、稀によくある猫の暴走だと思いました。

キッチンを抜けて部屋に入ると、ドア付近にあるものが落ちておりました。それは先日妻が夜なべをしながら作っていたオリジナルボドゲに使うコンポーネントの試作品でした。

こんなところに落ちたままだと私が踏んで壊してしまうかもしれない。そう思いながらそれを手に取ると、既にそのコンポーネントは割れていました。

・・
・・・

わ、私じゃないよ?でもそれを妻に証明する方法がどうしても思いつきません。これが悪魔の証明か。えーっとこれは先日夜遅くまで妻がニヤニヤとしながらギコギコギコと作っていたものだったはずです。

こんなザマを妻が見てしまうと、きっと落胆してしまうだろう。いや鬼になってしまうなと思いながら割れたそれをテーブルの上に戻したところ、目を爛々と輝かせた猫が颯爽と現れ、器用にそれをテーブルからはじき落とし、獲物をいたぶるかのように遊びはじめました。やはり犯人はこいつです。

さて、後は妻が帰宅した時に同じように遊んでくれれば万事が解決、身の潔白、念のためもう1回と同じ場所に置いて、猫がちゃんと同じようなアクションを行うか確かめていたら妻が帰ってきました。

この記事を読んでいるあなた、私が生きてこの日を乗り越えられたかは定かではありません。しかし、この場合、悪いのは猫ではなく片づけをしない人間です。そして私はコンポーネントを使って猫と遊んでいたのではなく、身の潔白を証明したかっただけです。ボドゲの開封が大好きな男性諸君もパートナーに迷惑をかけないように整理整頓、片づけを心がけられるように切に願っております。