回鍋肉から青椒肉絲へのコンボ発動



珍しく仕事帰りにスーパーマーケットに寄りました。今日の晩御飯は回鍋肉にしようと思ったのです。妻にラインします。なんですと?昼ごはんに回鍋肉を食べただと?毎日毎日中華ばっか食いやがって、だから中華鍋みたいな腹になるんだと思いながらそれでも私は回鍋肉が諦めきれず、妻も晩御飯は回鍋肉で良いと言うのでキャベツ半玉と豚肉様を買い物カゴに入れました。

あとは、んと、ピーマンさんだな。そう思いピーマンさんを探しました。回鍋肉にはピーマンさん1個で充分。しかし売られているピーマンさんは5個入りの袋入りのみでした。

困った。回鍋肉にピーマンさん5個は多すぎる。そう悩んでいると閃きました。青椒肉絲を作れば良いんじゃないか。そして翌日に回鍋肉にすればピーマンさんも使いきれる。そう思いピーマンさんと水炊タケノコを追加で買い物カゴに入れ、牛肉野郎を見ます。牛肉野郎は150gで充分。しかし、売られている牛肉野郎は280gから。

困った。牛肉野郎280gは多すぎる。他の献立に使えないか、これが無限ループ。そんなことを考えていたらあることに気がつきました。

このようなことを日々考えられている主婦、女性の皆様はとてつもなくボードゲームが強いのでは無いのだろうか。稼ぎの少ない夫はボードゲームばかりを買い漁り、限られた食費で最大限の栄養バランスと献立を考える。更には化粧品やヘソクリ、貯金までこなす女性達、彼女達が真剣にワーカープレイスメントに乗り込んできたら我々男性勢は到底太刀打ち出来ないのではないか。帰宅後そんなことを考えつつ、青椒肉絲を作り始めてふと思ったのです。

うちの妻はワーカープレイスメントをめんどくさがってあまりやらないなぁ。だから、、、まで考えて、この考えは間違っている。ただの妄言だと自分に言い聞かせ、仕事から帰ってきてひと休みしている妻に青椒肉絲が出来たよー。とキッチンから妻に声をかけたら口を開けて猫と一緒に寝ておりました。だから中華鍋みたいな腹になるんだよっていう言葉を呑み込み、いつも一生懸命働いてくれてありがとうと言う気持ちが大事と改めて心に刻み2人で青椒肉絲を頂きました。

青椒肉絲はとても美味しかったです。
寝起きなのに、すぐに青椒肉絲を食べられる妻の懐の深さというか、胃の強さが凄いという話でした。